俵万智の子供に父親はいない?シングルマザーを選んだ理由は?11/7

スポンサーリンク

11月7日に放送される「世界一受けたい授業」は

アメリカで大ブーム!こんまり先生のときめき片づけ術

手放しにくい物を捨てるコツ▽女優・本田翼が先生で登場!eスポーツの世界

「サラダ記念日」俵万智先生の恋愛短歌

といった内容が放送されるみたいですね。

そこで、今回は【俵万智の子供に父親はいない?シングルマザーを選んだ理由は?】について詳しくみていきたいと思います。

俵万智の子供に父親はいない?

一見、父親がいないのなんてそこまで珍しくないじゃんと思うと思いますが、

俵万智さんには結婚歴がないのです。

かなり珍しいですよね。

噂では既婚者から授かった子供、つまり養子なのではないかと推測させられるようなことが記述されていますが、事実は明らかではありません。

スポンサーリンク

俵万智はなぜシングルマザーなの?その理由は?

 

俵万智は2003年、自身が40歳の時に息子を生んでいます。

息子の父親について、公にはされていませんが、それに関連するであろう内容が2006年9月に出版された俵万智の自伝的小説「トリアングル」に描かれています。

その内容は、おそらく俵万智さんであろう主人公が、これまでの人生で出会った男性3人との関係を中心に描かれています。

読者からは具体的かつリアリティある不倫小説から、もしかして作者の経験談なのではと話題になっていました。

ですが、あくまで小説の話であるためシングルマザーである具体的な理由はわからないですね。

 

スポンサーリンク

【まとめ】俵万智の子供に父親はいない?シングルマザーを選んだ理由は?11/7

俵万智は現在、拠点を仙台に移して自身の両親の助けを借りシングルマザーとして子育てをしていました。

しかし2011年の震災後に沖縄の石垣島へ息子とともに移住します。

2016年4月からは息子と2人で宮崎市で暮らしているそうです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です