ワンピース最新話【1002話】ネタバレ・感想まとめ

スポンサーリンク

今回は【ワンピース最新話【1002話】ネタバレ・感想まとめ】について見ていきます。

こちらの記事はネタバレを含む内容を紹介しています。

ワンピース最新話【1002話】ネタバレ

https://twitter.com/Yahiko0FTheRain/status/1355043237975613441?s=20

カイドウいきなりフルボッコ?

カイドウの技「壊風」という風の斬撃ををロー、ルフィ、キッド、ゾロが交わすところから始まります。

ゾロはこれをはじいて守っています。

交わした後、すかさず「ゴムゴムの猿王回転弾」でカイドウを吹っ飛ばします。

さらに、追い打ちにキッドが磁石でくっつけた巨大な手でカイドウの顔面を持ちひっくり返します。

ローは「龍の内臓は見たことねぇがこの辺だろ「心臓は!」といいガンマナイフがカイドウにさく裂します。

ですが、カイドウはあまり効いていないようすです。

全く効いていないというわけではないので「ただの根性バカ共じゃあなさそうだな。。」と少し5人の事を誉めます。

ビックマムの雷技がさく裂

キラーはカイドウの表面の硬さにさんざん泣かされてことを経験に、内部から攻撃すればいいんだよなといい「鎌阿音撃」を繰り出します。

これにはカイドウも効いたのか「うぉおおお」と思わず声が出ます。

そのとき、ビックマムの「威鼓」によってキラーが雷に打たれます。

ビックマムのゼウスがデカくなり、空一面が曇りなっているので、この空の下にいる限りルフィたちに逃げ場はないと言います。

カイドウは次から次へとルフィの攻撃を受けます。

ゾロの刀におでんの気配?

カイドウが熱息を放つとき、ゾロがローに上に飛ばせと指示します。

これにローは「俺はお前らの世話係じゃないと」愚痴をこぼしながらゾロを上に飛ばします。

ルフィに熱息が直撃すると思いきや、ゾロの「焔裂き」で炎を二つに切り裂きます。

続くゾロの攻撃に、カイドウは異変を感じます。

ビックマムもその異変を感じ取ったのか、カイドウによけるよう指示します。

カイドウが感じていた異変はゾロの刀におでんの気配が乗っていたのです。

渾身の一撃だったのか、ゾロがたったひと振りで息切れをしています。

そんなゾロにビックマムの威鼓が直撃します。

ルフィ、カイドウとビックマムの攻撃に相性と根性で押し切る!

雷の範囲を広げるビックマムの攻撃にキッドやローは守るのに精一杯です。

ですが、ルフィはそんな雷をもろともせずにビックマムたちに飛び込みます。

ルフィはゴムなので電気がききません。

そこにカイドウが立ちはだかり熱息が直撃します。

これも効かない様子。

「なぜ、炎も効かない?」とカイドウが尋ねるとルフィは「根性」といい「猿王銃乱打」をカイドウに繰り出した。

スポンサーリンク

ワンピース最新話【1002話】感想

https://twitter.com/Red_Haired98/status/1355059762765856770?s=20

今回の1002話はカイドウのやられ回でしたね。

個人的にはゾロが剣を振った時、ビックマムとカイドウの慌てようがとても興奮しました。

ゾロが使う剣はどれほどの可能性を秘めいているのか。また、使いこなしたとき四皇にも届く剣士にもなるんじゃないかと勝手に想像してしまいました。

また、雷は効かないはエネル戦以来のパターンかもしれないですね。

実はビックマムの大技があれだったら、ビックマムには勝てるかもしれないですね。

さらに、炎も効かないのは予想外でした。

スポンサーリンク

ワンピース最新話【1002話】ネタバレ・感想まとめ

以上、ワンピース【1002話】のネタバレ感想を紹介しました。

次回はワンピース1003話について書いていきますので是非ご覧になってください

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です